福井の蕎麦の生育状況です。

昨日21日蕎麦の生産地坂井市丸岡町の一部のところの生育を見てきました。県下有数の蕎麦生産地ですが 例年に比べて作付が少ないように感じました。生育状況は全般に悪いようです。通常であれば花が盛りで遠目では青々とした茎の上にまっ白い花が一面にというところですが 今年は30~40センチの赤くなった茎の上に花がしょぼしょぼとついているという感じで 写真を撮る気も起こさないみじめなところがほとんどでした。福井の蕎麦生産地はここ以外に大野・勝山・あわら市などたくさんありますので順次観察していきたいと思ってます。

今日22日はNPO越前そば連合のそば打ち会があります。北海道産の“新そば”が手に入りましたので これでみんなで打って・食べてみて結果を話し合いたいと思います。回を重ねるごと腕の進歩は素晴らしく この調子では“年越しそば”は十分に美味しいものを家族・ご近所にふるまえるのではなかろうかと期待しております。

こちらはあまり期待できませんが今年の福井の“新蕎麦”は11月中旬ごろの予定です。