9月3日は午後よりゲリラ豪雨でした。

3日午後2時ごろより南の空から黒い積乱雲がみるみるうちに北の方へ広がり ものの10分ぐらいでバケツをひっく返したような雨が降り出し 車から出られず待っていました。その後30分ぐらいでしたかやや小ぶりになりやっと車から降り用事を済ませることが出来ました。積乱雲の広がりは時には“竜巻”を思わせるような地上から空に向かっての上昇気流が何本も上がり あわや“竜巻”に発展かと思わせるものでした。田んぼを見ると一瞬のうちに黄色の穂をつけた“こしひかり”が倒伏しておりました。ここ数日の雨で“蕎麦”の生育は良いようです。